【画像】明治時代の初めごろに撮影された京都の風景 →「首都だったのか疑うくらい田舎」「貴重ですね!」

本日のバズッたツイート

明治時代の初めごろに撮影された京都の風景

京都市

京都は本州に位置する都市です。かつては首都でもあり、数多くの歴史ある仏教寺院、庭園、皇室の宮殿や御所、神社、伝統的な木造家屋で知られています。また、コース形式の献立が特徴の伝統ある懐石や、祇園の芸者も有名です。
ウィキペディア

[add1]

Twitterの反応

[add2]

その他のコメント

ビルもねぇ!タワーもねぇ!車も一切走ってねぇ!

本当に首都だったのか疑うくらい田舎だなぁ

ギッチリご近所さんが並んでて、なんだか寂しくなくて良い。当時はテレビも音楽もないから、話し声丸聞こえだけど。

踏み固められた土の路面も良さそうだな‥と思いながら、雨降ったらべちゃべちゃ大変だろうな‥とも思ったりして。

教科書では見ない昔やけど最近(?)の貴重な日本の姿って感じがして素敵 今みたいに車とかハイテクなものが一切なくて素敵

貴重ですね!

当たり前だけど、高いビルがないから、きっと遠くの山とか綺麗に見えたんだろうなぁ

バズッタ情報を毎日更新
SNSフォローお願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事